インサイド・エクスペリエンス 試合を観戦する

主力の打撃練習が終わりに近づくと、一般のファンが入場してきます。
一応、この前後で担当者がチケットのスキャンを行います(打撃練習を見ながら)。 ここでインサイド・エクスペリアンスは基本的に終了です。後は、参加者と一緒に座席に座って試合を観戦するという流れとなります。
今回用意された座席は、SEC:122の後方でした。見え方としてはまずまずの座席ではあります。

インサイド・エクスペリアンスでここを改善すれば、というものの一つが座席が選べないところでしょうか。

2013年現在では、球団のほうでフィールドMVPの座席を用意するという形にはなっているものの、当日までどの座席になるか分かりません。

とびきり近い場所ではありませんが、ゆったり観るにはまずまずの30列目前後での観戦というイメージが間違いなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

Please leave this field empty.