NBAオールスターを観に行こう!NBAハウスinブルックリン

空港からペン・ステーションに到着し、早速バスケットボールの聖地マディソン・スクエア・ガーデンを一回りしてみると、巨大なNBA選手達の広告がお出迎え!
DSC05744_R

 会場に向かう地下鉄の構内もそうでしたが、あちらこちらで目にする選手達の広告が、いよいよオールスターに来たのだという実感と高揚感をさらに高めてくれました。

いよいよオールスターのイベントへ!

まずは地下鉄に乗ってブルックリン・ネッツの本拠地、バークレイズ・センター近くのNBAハウスに向かいました。
bkn (5)_R
今回のオールスターは前記の通りニューヨークとブルックリンの2箇所に別れており、ブルックリンの方は大学の施設での開催でした。

 入口を進むと天井に彫刻が施された体育館にコートが1面。

さらにラリー・オブライエン・トロフィーとの記念撮影が出来たり、ドラフト・コンバインならぬファン・コンバインという
自分の身長やジャンプ力を計測し、入力したデータをモバイル端末経由で受け取れるというブースなどがありました。

ファン参加型のイベントという事で、大人もそうですが特に子供さん達が大喜び。目を輝かせて熱心に参加している姿はとても微笑ましかったです。

さらに先を進むと、今度はゲームをプレーできたりNBA選手の手や足の大きさを体感できるブースや、オールスターグッズを販売するショップ。

そしてあらかじめ撮影してある選手の映像をその場で合成し、出来上がった2ショット映像が登録したアドレスに送られてくるというブースなどもありました。
bkn (68)_R
こちらは各スポサンサーが各会場で同様のものを提供しており、なかなか撮ることの出来ない選手との2ショット(しかも静止画ではなく動画)が撮れるというなかなか画期的なものでした。

初日のブルックリンのNBAハウスは9時半まで。
ニューヨークの方は9時までという事で、ブルックリンのNBAハウスを後にし今度はニューヨークのNBAハウスへ。
ブルックリンの会場よりもさらに広いニューヨークのNBAハウスは、様々なブースやイベントが盛りだくさんでした!

>>その②NBAハウス inニューヨーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。