NBAオールスターを観に行こう!NBAハウスinニューヨークpart2

12時半終了予定だったオールスター公式練習ですが、スケジュールがおしたこともあり会場を出ると13時半。その足で再びNBAハウスへ行ってみました。

すると14時入場のチケットを待つファン達の長蛇の列が!
ny (10)_R
この行列は角を曲がった通りの向こう側まで続いており、これにはかなり驚かされました!
*今回のNBAハウスは、10:00am-1:00pm、2:00pm-5:00pm、6:00pm-9:00pmといった感じで替え制となっていました。

中に入ると、どのブースもかなり賑わっています。
ny (64)_R
週末にかけて来場者数が増えてくる為、各ブースを回るにはどうしても列に並ぶ事が必要になってきます。
それだけに、初日ということもあってかほぼ並ばずに全てのブースを体験できた木曜日は、かなり狙い目かなと感じました。

いよいよサイン会へ!

そしてNBAオールスターでは、イベント期間中に現役選手やレジェンド達のサイン会が行われます。この日の目的はずばり“NBA選手にサインをもらう”でした!

会場内を見て回っているとKIAのブースに行列が!聞くとジョン・ウォールのサイン会が行なわれるという事で早速行ってみました。
ny (76)_R
オールスターによっては一日のタイムスケジュールが会場内のモニターなどに表示されていることもあるようですが
今回は会場内のイベントについてのスケジュール案内が無く、その変わりにNBAハウス外のModell’sやChamps Sportsといったショップで行われたサイン会のスケジュールが、事前にTwitterで発表されていました。

こちらはModell’sで行われていたメイソン・プラムリーのサイン会。
DSC07312_R

店舗の裏口にこのような行列ができ、先着100名のみに配られる整理券をもらって入場。店舗の片隅でサイン会が行われていました。

各オールスターによって発表の方法は様々なようなので、観戦に行かれる際は会場内はもちろん、SNSの方もチェックしていただけると、より充実したオールスターウィークエンドを過ごせるかと思います。

さて、MCに焦らされながら待つこと数十分。係員とボディーガードに囲まれながら、万を辞してウォール登場!
2014年にアディダスのキャンペーンの一環で来日したのは記憶に新しいところです。

そして席につくといよいよサイン会の開始!
ny (80)_R

サインは自分の持ってきたグッズか、もしくはイベントで作成したものにサインをしてもらうかのどちらかでした。先日PANINIのブースでもらった冊子にウォールの写真があったため、そこにサインをしてもらうことにしました。
DSC07918_R

正確な時間を測ってはいなかったのですが、4・50分はサインをし続けていたでしょうか。
行列は絶えることなくウォールも出来る限り顔を上げファンの声に応えていましたが、やはりあれだけの数を捌くのは一苦労。

しかし、その中でも自分のユニフォームを着てくれていたり、会えたことに感動し涙を流していたり、ウォールのファンだと熱心に話しかけている方々の声には顔を上げ耳を傾けていました。

もし幸運にも大好きな選手に会えたら、ぜひ勇気を出して今まで応援してきた気持ちを選手に伝えてみてください。
日本からその選手を応援しに来たという熱意は、きっと選手に届くと思います。

土曜日の夜といえば、各分野に秀でた選手達がNo.1を競うオールスターサタデー。史上屈指のシューター達がチャンピオンを目指し火花を散らしました!

>>その⑥オールスター・サタデーナイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。