ヤンキー・スタジアム スタジアムツアー

MLBのスタジアムでは、試合のない日、試合当日でも昼間の時間に球場内を回るスタジアムツアーを開催しております。
ヤンキー・スタジアムでも開催がございますので、お時間がある場合はぜひご参加ください。
ここでは、ヤンキー・スタジアムのスタジアムツアーについてご紹介いたします。

チケットの買い方

基本的にはチケットは、当日、球場の窓口で買うことができます。 窓口で買う場合は、20ドル前後になると思います。
事前に買う場合は、チケット会社のシステム料などが掛りますので、多少割高になります。

チケット窓口は、ゲート4の隣となります。

開催時間

12:00PM  12:20PM  12:40PM  1:00PM  1:20PM  1:40PM

*デーゲーム予定の日は開催がございません。
*スタジアムツアーはおおよそ1時間前後となります。
*試合当日に参加される場合は、一番遅い回に参加されても、ゲートオープンまで1時間半ほどお時間があります。周辺でやることがない場合は、 Bronx Terminal Marketが球場から徒歩5分ぐらいにございますので、ここで多少時間をつぶせます。

集合場所

スタジアムツアーの集合場所はヤンキー・スタジアムのゲート6になります。 時間前に行くと多少列がありますので、迷うことはないと思いますが、念のため、ご参加の15分前には到着して下さい。 スタジアムツアーでも荷物チェックはありますので、あまり大きいバッグは持っていかないほうがいいと思います。

スタジアムツアーへ

まず、チケットをスキャンすると、係員が来るのを待ちます。 遅刻すると参加できませんので、ご注意ください(セキュリティの関係上、途中参加が難しいです)。 試合当日のツアーでは、選手のロッカールームなどは行けないと思います。 また、時期によって多少内容が変わりますが、流れとしては、まずゲート6からコンコースを歩き、そのままヤンキースのダグアウトへ行く形となります。

ヤンキースのダグアウトに入れるのはスタジアムツアーの最大の魅力の一つとなります。 実際に選手の座っているベンチに座り、選手の観ているビューを体感できるのは、とてもいい思い出になりますし、係員に頼めば、写真も撮ってくれるので、宝物の一つになると思います。

ダグアウトの後は、スイートレベルに行く流れになると思います。 その間、通路を歩くと、松井選手の写真と背番号がありました。 数あるヤンキースの名選手の中で松井選手がこのように光り輝いているのは日本人としては嬉しいですね。 スイートの部屋をちゃちゃっと拝見します。

最後は、ヤンキー・スタジアムの名物、モニュメントパークです。 ここにはヤンキースの往年の名選手の永久欠番が飾られています。 ←のロゴの隣にあるドアは、マリアノドアと呼ばれ、マリアノ・リベラが登板前に、ここにきて祈るために設置されているドアです。 2009年の新球場開幕当初は、ドアがなかったため、リベラの苦情のもと作られたということです(笑) ツアーでこんなような話を聞けると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。