フェンウェイ・パークのライトフィールドボックス

ライトフィールドボックスの席を探しているとシングル・アルファベット(例:J)とダブル・アルファベット(例:JJ)があります。
前にあるのはシングル・アルファベットの方になり、後方はダブル・アルファベットになります。

ボックスといえど、外野よりのエリア(88から93や94)は細かくはボックスに分かれていないので、移動のしやすさにメリットはあまりありません。

柱が嫌だという場合、ライトフィールドボックスには柱はありません。

ロッジボックス同様に通路によるリミテッドビューもあります。
例えば、RF91は、EEが通路から1列目になるので、ファンが歩くと見づらい可能性があります。
ちなみにトンネルに接しているRF91 EE SEAT:3は試合中はかなり見づらいと思います。

実際、観戦した席は、SEC:1 ROW:H SEAT:3(いまの座席表だと、SEC:4付近です)でした。
ライト側の内野席になります。

ライトの外野手は近く、ボールボーイが座っているのもこの辺です。
たまにボールを投げ入れてくれたりしますが、ホームベースはやや遠いです。
投手の投球内容を見ようというときはあまり適してはいないかもですね。
とにかくそばで見たいというときは、ライトフィールドボックスはフィールドボックスに比べると安めなので、悪くはないです。

フィールドにはかなり近いので、子どもと一緒に来ると喜んでもらえそうでした。
将来、子どもが小学生ぐらいになって来れるチャンスがあるならここはいいな、と思いました。

デメリットは、夏場のデーゲームは暑い!
夏場のデーゲームで野球に興味がない人を連れてくるとぶーぶー言われそう(苦笑)

誰かと一緒に観戦を、というときは注意ですね。

席についての注意事項

フェンウェイ・パークは場内を自由に移動できますが、フィールドボックスのエリアからライトフィールドボックスのエリアには、球場の席の間にある通路から直接は行けず、一度コンコースに出て、再度、入る形になります。
(座席にファンが座ってなければ、そのまま席の間を通って行くことはできます)
内野側で練習を見ていて、外野の方で選手がサインを始めた場合の移動の参考までに。

98はロッジボックス、97からライトフィールドボックス。ちょうど通路が切れてしまいます。
サインGETは時間勝負!このエリアの前のトンネルからコンコースへ出て、また戻る方が早い場合も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。