ブロードウェイミュージカル ラッシュチケットに挑戦

2008年ファイナルになってしまったレント。
今回は、レントのラッシュチケットに挑戦したことをご紹介いたします。

今回、レントを鑑賞する日は、その時点で、残り2週間。
鑑賞を予定していた日は、土曜日の夜ということで、当日券はどうかなとやや心配です。

一度、午後3時頃にチケット窓口に行ったところ、100ドル出せば当日券は平気そうなので、それでは、ということで「ラッシュチケット」に挑戦。

ラッシュチケットというのは、一般的にショーの当日に20ドルなど安い価格でチケットを買えるということで、枚数が少なく、抽選になります。
レントの場合、レントの脚本家、ジョナサン・ラーソンの意志(公演日初日当日に不慮の死)を尊重し、最前列と2列目は、前売りで販売されず、伝統的にラッシュチケットにて販売されるのみとのこと。

窓口のおじさんに確認すると、とりあえず、夜の部を見るなら、午後5時30分に戻ってこいとのこと。
あと、1時間ちょっとなんで、近くのスターバックスでコーヒーを飲みながら時間を待ちました。

さて、5時半に戻ると、ありゃ?ってぐらいの人。
ざっと200人ぐらいはいるんじゃない!?

とりあえず、列に並びます。

そんなに時間もかからず、順番がきました!

まず、メモ用紙なようなものに、自分の名前を書く

それを受け付けの人に渡す。
(この日はアメフトのジャージーを着たガタイのいい男が2人)

そして、午後6時に当選した人だけ、名前を呼ばれる

という至ってシンプルなもの。

時計を見ると15分以上時間はあるし、急に腹の調子が悪くなり、ここで一度、トイレに行っておこうと、徒歩5分で行けるポートオーソリティのターミナルへ。
ぎりぎりのタイミングでトイレを発見し、事なきを得ました。
外国でトイレ!は結構大変なので、いくつか目印を付けておくといいかもですね。
(劇場は、ゴミゴミしてたし、貸してくれるか分からなかったので)

さて、戻るともう5分前。

受付のアメフトのジャージーを着た男の人たちが、すごい声で、なんかいってます。
どうやら、当選した人への注意事項のような感じ。

さてさて、いよいよ。

当選者の名前が呼ばれると、みんな「やったー!」という声と、大きな返事をして前へ行きます。

残念ながら最後まで自分の名前はなし。

ということで、レントのラッシュチケットに参加できたという良い思い出で、終了となりました。
このあと、窓口でチケットを購入したら、100ドルだったものの、オーケストラ席 H 103
というレントを見るには、最高!?という席をゲット!
そもそもここら辺は、プレミアムシーティング(240ドルぐらいの別料金)じゃないかと思うような場所でした!
こりゃラッキー!

2005年に雪の影響で、飛行機が遅れ、見逃したレントも4年越しで見ることができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。