モータウン

ニューヨークのブロードウェイミュージカル、モータウンは、ルント・フォンテーヌ劇場で上演されています。

原題:Motown: The Musical
劇場:ルント・フォンテーヌ劇場
プレビュー:2013/03/11
初日:2013/04/14
公式サイト:http://www.motownthemusical.com/

あらすじ

1983年、ロサンゼルスのパサデナで開かれている「モータウンレコード25周年記念」のイベント。
テンプテーションズやフォー・トップスのショーが華やかに行われていた・・・・・・。

時はさかのぼり、まだまだ黒人への風当たりが強い、
1938年、ミシガン州のデトロイト。
黒人の少年、ベリー・ゴーディは、「黒人だって頑張れば何かを成し遂げられる!」という思いを抱いていた。

そして、大人になりフェザー級のボクサーとなったベリーは、
ボクシングとは全く別の世界である音楽への関心がどんどんと深まり、
曲作りをしたり、ジャズのレコード店始めたりしていたが、そのどれもがイマイチ上手くいかずにいた。

そんな中、1957年、
ベリーはジャッキー・ウィルソンに出逢い、
彼のために曲を書き上げたところ、それが立て続けに大ヒット!
そこで得たお金を資金にして、制作に投資し、アーティストを見出しては何組も成功に導いていた。

それから2年後の1959年。
ベリーは、ついに自身のレコードレーベルを立ち上げ、
自動車産業で有名なデトロイトの通称「Motor Town」を略して、「モータウン」と名付ける事に。

その後、「モータウン」は、スプリームス、マーヴィン・ゲイ、テンプテーションズ、
コモドアーズ、スティービー・ワンダー、ジャクソン・ファイブなど、
数々のアーティストと契約をし、その全てにおいて大ヒットを飛ばす有名レーベルとして成長していった。

そして、スプリームスのリードシンガー、ダイアナ・ロスとは恋人関係にもなり、
恋愛も仕事も全てが順風満々かと思っていた。

ところが、1972年、ロサンゼルスに拠点を移してから、
経営不振や大手レーベルによるアーティストの引き抜き、ダイアナとの別れなど、数々の不幸が・・・・・・。

ビリーが全てを費やし、築き上げて手に入れてきたもの、その全てが崩れ始め・・・・・・。

果たして、モータウンレコードとベリー・ゴーディの運命は・・・・・・。

劇場情報

所在地:205 West 46th Street New York, NY 10036

収容人数:約1500人

サイン&開場時間

開場時間

公演開始時間の1時間前に開場します。

サインについて

終演後に出入口付近で待っていると、キャストが出てきてくれますので、そこでサインをもらう事が出来ます!

(場所については、人だかりが出来ている事が多いので迷う事はないと思います。)
ブロードウェイミュージカルは、会場に入り座席に向かう際、「PLAYBILL」という無料のパンフレットをもらう事が出来ます。
そのPLAYBILLの表紙にサインをもらう人たちが多いので、終演後にPLAYBILLを持って、キャストが出てくるのを待ちましょう♪
マジックやサインペンを持っていくのを忘れないようにして下さいね!

持ち込みできるもの

会場内は禁煙となります。飲食物の持ち込みは禁止されております。

カメラの持ち込みはできないことはありませんが、上演中の撮影は厳禁です。
もし上演中にそのような行為があった場合は、退場になることもありますので、十分注意してください。
オーディエンスの中には、劇場の外観などを撮影したり、出待ちのためにカメラを持ってくる方もいますので、
上演中でなければ、基本的に、ダメと言われることはないです。
ビデオは形の時点で、ダメな可能性がありますので、ビデオはやめておきましょう。
大きいバック、ブリーフケースなどのお持込は出来ない場合がございますので、荷物は最小限にすることをお薦めいたします。

アクセス&周辺情報

ルント・フォンテーヌ劇場は、マリオットマーキースのすぐ裏が劇場となります。そのため、タイムズスクエアエリアにホテルを取れば多少夜が遅くとも怖いという印象を受けることはないと思います。
ベストはマリオットマーキースに泊まってのアクセスです。

タイムズスクエア周辺には、多くのカフェやレストラン、そしてホテルも軒を連ねているので、とても便利なエリアだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。