デイトナ500観戦

持って行くと便利なものとして、まずは、ポンチョ。
これは会場で雨が降ってから買うのは大変なので事前にあるといいです。
途中、雷雨に見舞われ、レースは中断。大雨の中、ポンチョをきて、30分ほど、粘るも、場内アナウンスで、どんどん天候が悪くなる(雷)ということでやむなく、コンコースに避難。
すごい混みなのは言うまでもありません。
フロリダは、二月でも日本の夏のような気候です。やや湿気もあり、日中は、30度近くまで気温があがり、昼過ぎ、夕方前に、雷雨というのは、十分考えらますので、忘れないで持っていきたいものです。

当日は、38周でストップ、サンダーストームが収まるのを待って、午後8時40分に再開。

6時過ぎに雨は止んだものの、路面を乾かす作業で2時間以上かかりました。

ちなみに、豪雨の中、最初の1時間は、座席でポンチョを着て再開を待ちましたが、アナウンスでどんどん天候が悪くなるようなことだったので諦めて、コンコースへ。すごい人混みのなか、なんとか待ち続けました。

結果的は、6時間近く遅れての再開でしたが、始めは、昼のレースを、そして夜のレースも観れたと言う意味ではラッキーでした。

終了したのは、午後11時過ぎでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。