デイトナ500観戦

ちなみに、基本的には昼のレースですのでサングラスはあったほうがいいです。

特に座席のしたが、シルバーの板のようなエリアは、予想以上に日差しの跳ね返しが強くかなり眩しいです。

もし忘れた場合、サングラス屋がところどころあります。
20ドル、カラーのレンズのは、30ドルでした。

ファンの方にとっては、朝7時から長くて短い一日ですので、日焼け止めもあったほうがいいですね。

ちなみに、各階層に喫煙エリアが、ありました。

観戦を楽しむ方法として、ファンゾーンへのアクセスがあります。
これは、8時から12時半ぐらいまで、サーキットの中央エリアで、ドライバーにサインをもらえたり、実際サーキットの上に立てるもので、観戦チケットとは別に必要なものです。2014年は、95ドルでした。残念ながら、今回は、座席からの見え方を優先させたため、参加できませんでしたが、スタンドから見るとサーキットの中にいるファンが羨ましく思えました。
ファンゾーンのチケット以外にもグランドアドミッション・チケットがあるようですが、100ドルします。

本来は、夕方に終わるイベントですが、今回は6時間近く遅れたこともあり、終了が夜中になりました。少し周辺を歩きましたが、タクシーは見当たらなかったので、基本的には、レンタカー、または、車がない人は、徒歩圏内のホテルを取る、ということになりそうです。

後は、終了後、近くのホテルのフロントに行きタクシーを呼んでもらえば、ビーチのほうでも帰れますね。夕方終れば、空港まで歩くのも少し距離はありますが、無理ではありません。

感覚としては、コートヤード・マリオットまでは、なんとか歩ける感じでした。

今回は、豪雨の中断もありスムーズなデイトナ500の情報はご提供できませんでしたが、悪天候もあることも頭にいれ、プランニングされるといいかも知れません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。