デトロイト・タイガース スプリングトレーニング

メジャーリーグは、2月中旬より各チームがキャンプインし、2月下旬から試合を行いながら、調整していきます。

ここでは、フロリダ州レイクランドでスプリングトレーニングを行うデトロイト・タイガースを取り上げます。

ここ数年、一番戦力が整ったアメリカンリーグのチームは、デトロイト・タイガースではないでしょうか。
三冠王ミゲール・カブレラを擁し、投手は、ジャスティン・バーランダー、2013年のサイヤング投手マックス・シャーザー投手など先発も駒揃いです。
2013年は、プレーオフでレッドソックスに敗れましたが、2012年はリーグチャンピオンと、最も安定した力を誇っています。

そのデトロイト・タイガースのキャンプ地はフロリダ州のレイクランドという街になります。
アクセスとしては、タンパからレンタカーで1時間ほどの距離。

スタジアムは、ジョカー・マーチャント・スタジアム。
コメリカパークのように虎はいませんでしたが、なんとなくコメリカパークをほうふつさせるような作りです。

ここのスタジアムの特徴は3塁側のレフトに近いエリアの座席数ががやたらに多い点と何と言っても驚いたのが、1塁側のベンチ上の座席のセクション103-104はネットに掛らず普通のメジャーリーグの球場の作りなのですが、
なぜか、102には保護ネットが常設されています。
よほどこのエリアだけ集中して打球が来るのか・・・・
ちなみに3塁側はありません。

一番驚いたのはこのネットの配置です。

練習場は、ライトの後ろ側という感じです。
ただ、練習場はあまり近くに行けず、サインの狙いは、1stベースの入り口よりややライト側に行ったところの通路で待つか、その少し先の練習場の入り口で選手を待つ感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。