NBAオールスター JAMセッション(木曜日)

JAMセッション 木曜日

NBAオールスターウィークは、木曜日から始まります。
ニューオリンズに関しては、水曜日に到着し、木曜日を迎えましたが、まだ木曜日ではそれほどNBAファンも目立たず、各ホテル(公式)がオールスターの選手の壁紙が貼ってあるという程度でした。
実際、木曜日のJAMセッションの時間は、それほど混雑もなく、入場でき、あれこんなもん、と感じたぐらいです。
逆を言えば、それだけ木曜日は穴場というわけです。
事前には公表されずらいJAMセッションのスケジュールですが、このような画面に出ていますので、確認しましょう。

チェックするのは、時間(Time)、内容(Activity)、場所(Location)です。
まず、午後4時から午後5時45分で気になったのは、Kevin Love Kiaと書かれたところ。
それ以外は特に知っている選手もなくイベントもそれほど、お、と思うものはなかったので、とりあえず。この4:45PM / Kevin Love / Kiaに行ってみることに。

4時15分ごろに行くと、ほどほどの列になっています。
ただ、行けば参加できるというものでもなく、ファンは、何か機会にリストバンドをタッチしています。
どうも今回からこのリストバンドを登録しないと、イベントに参加できないようになったのです。
ただ、リストバンドの登録は無料で、それほど難しいわけではなく、JAMセッションの入り口付近に作る場所があるので、そこで作るといいと思います。
このようなものは毎年変わるので、来年以降、同じシステムを採用するかわかりませんが、一応、頭に入れておくといいかもしれません。

ということで、リストバンドを作って再度、Kevin Loveのコーナーに戻りました。

もうかなり列が長くなっており、既に、線が引かれた外がぐらいまで行っています。
これは、さすがに無理かな、と思ってとりあえず並んで置きました。

あとで分かったことですがサインをもらうエリアの場合、おおよそこの辺で、というのは係員がコントロールしており、そのちょっと厳しいかな、というラインは、係員が前で立ち、それ以上進めないようにしていました。
そのため、100人ぐらいの列であれば、2014年は問題なくサインをもらうことができました。

木曜日の4時45分の回は、それほど混みあっていたわけでもないため、サインをもらい、一緒に写真も撮れるというラッキーな展開に。

サイン開始から15分ほどで、自分の番になり、オールスター選手であるKevin Loveのサインをゲットできました。

さて、次の大きなActivityは6時45分のジェームス・ハーデン。
これも同じくKiaのエリアでしたので、なんとなく勝手はわかります。

その間に、Autograph Stageを見に行くと、少し高いステージに選手があがり、サインをしてくれています。
こちらは、Kiaのサインエリアより、全然もらいやすく、とりあえず行ってみようという場合は、わかりやすいと思います。

もう1つの目玉というか、わくわくするイベントが、選手と一緒に写真を撮れるというもの。
これは、Kiaのケビン・ラブの時のようにサインと一緒に、というものではなく、選手と写真だけ一緒に撮れるイベントです。
2014年は、Samsungがそのエリアでした。
Samsungのスペースに行くと、既に行列だったので、参加できませんでしたが、タイムテーブルの、Activity Kenneth Faried Location Samsungというのがそのイベントです。
結構な列は覚悟していく必要がありますが、これこそ、選手とのツーショットですので、要チェックですね。

そんなこんなで6時45分のジェームス・ハーデンのサイン会が近づいてきたので、30分前に行ってみると、さすがに6時は会場内のファンも増えてきていたので、
ケビン・ラブよりかなり並んでいます。
ちょうど自分の前で、もらえるかもらえないか、カット線になってしまいました。
スムーズに進行が進めば、もらえるし、遅れた場合はダメという感じです。

運よく、進行はスムーズに進み、自分と後、20人ぐらいまではもらえるゾーンへ。

ただ、ハーデンの回は、初日だったこともあるのか、あまり手際が良くなく、サインをささっと、もらって終わり。
写真はなし。という感じでした。
同じエリアでも状況によって全く違うというのは頭に入れておくべきですね。

サインをしてもらい、スプリントアリーナのほうへ行くと、車いすのオールスターが始まるところでした。
正直なところ、車いすバスケは、漫画などでは見たことはあったものの、生で本物を観るのはこれが初めてでした。
選手のアナウンスから所属チームの紹介等々から始まり、試合開始。

勉強不足でなにも書けないのが心苦しいのですが、ついつい引き込まれてしました。

選手などの詳細は、下記のリンクへ
http://www.nwba.org/index.php?option=com_easyblog&view=entry&id=134&Itemid=226

この後もAutograph Stageでは、ライジングオールスターへ出る、Tim Hardaway Jr.が午後9時からサインをしていました。

最終的には、午後10時で終わりになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

Please leave this field empty.