エバーグレイス国立公園(シャークバレー)

マイアミから、下に1時間、横に1時間行くと観光ポイントに到着するエバーグレイス国立公園。 とにかく広大な湿地帯ということで、地球の歩き方を見ると、観光ポイントは、三ヶ所とのこと。 一つは、フラミンゴというエリア。後は、シャークバレー、そして1番遠いポイントが、エバーグレイスシティというところ。

当初の予定では、フロリダシティに滞在していたので、フラミンゴへと考えていましたが、キーウエストからフロリダシティにくる途中にタイヤがパンクしたこともあり、一度、マイアミの空港で車を交換することにしました。 この後のルートがタンパ方面だったこともあり、マイアミからフラミンゴへ行くと、その日の内にタンパへ行くのがかなりしんどいことになりそうなため、急遽、シャークバレーへ変更しました。

シャークバレーは、マイアミから横に行くため、タンパへ行くにもロスが少ないのです。

マイアミから行く場合、マイアミのダウンタウンに泊まっていると郊外にでるまで、やや渋滞があるため、少し余計に時間がかかると思います。

郊外にでれば、後は一本道を真っ直ぐ行くだけ。 途中に、エアボートのツアー会社がちらほら。

シャークバレーの入口はそんなにわかりやすくないので、ナビなどない場合は、注意したほうがいいかもしれません。

マイアミから行くと左折します。 すぐ料金を払う場所があり、10ドルを払います。駐車場は無料です。ハイシーズンは、結構人がいるので、早く行ったほうがいいかもですね。

筆者は、10時半に到着し、11時のツアーに参加しましたが、この後から猛烈に混んできました。

シャークバレーでは、ツアーに参加するか、レンタルサイクルするかですが、体力がある人でじっくり写真を撮りたい人は、サイクルリングのほうがいいかもですね。

初めてだったので、こんな広大な湿地帯じゃ迷子になるかもと思ってツアーにしましたが、ツアーにしても、サイクルリングにしても、舗装されてた道を一周まわるイメージなので戻ってこれないことはなさそうです。

ツアーは、冬の時期は、毎1時間ごとに開催されています。 ビジターセンター自体とても小さく、出発場所もここなので、迷うことはないでしょう。 ツアーで最大のデメリットは、座席が自由席なため、うまくサイドのエリアに座れないことがある点です。ツアーの車両は、二つあり、前の車両が横に3人ほど座れ、後ろの車両は横に5人座れるタイプなのですが、真ん中に挟まれる可能性も。 そうすると、写真など撮りづらいですよね。 筆者の場合は、1人だったため、なんとか、四人家族にくっつき、外側に座れましたが、このツアーは、途中一ヶ所しか、降りず、後はずっとトラムの中ですので、写真を撮る場合は、場所撮りは、重要です。なので、本格的に写真を撮る人は、多少大変でもサイクリングがいいと思ったわけです。

ツアーは、ツアーで面白いところもあります。筆者が参加したツアーは、女性がガイドでした。 途中、ガイドだけ降りて、この湿地帯に生えている草について説明してくれたのですが、その際、湿地帯に裸足で入って行きました。 お、お、気合入ってるな、なんて思ってたら、次の瞬間、痛、という感じの声が、なんと足をヘビに噛まれてしまったようです。 ところが、ささっとヘビを仕留めると何事なかったように話を続けました。ヘビなのか、ヘビらしいほかの生物かは、わかりませんでしたが、トラム近くに投げられた物体は、ヘビのような・・・ なんか衝撃を受けた一場面でした。

シャークバレーの観光ポイントの一つに、タワーがあります。 ここから、広大なエバーグレイスを見渡せるわけなのですが、ツアーで唯一、トラムから降りる場所です。時間は約15分。 適当に戻ってきてぐらいのノリで、参加者の数など、数えないのでおいていかれたら、たぶん、10キロちょっと歩くことにありますね。気をつけましょう。

ここでトイレもありますが、飲み物など売ってませんから、出発の際に必ず買っておきましょう。

タワーでおおよそ半分です。 この後も湿地帯の中を走り、ビジターセンターで解散。 時間は、約2時間ほどです。

筆者がなぜエバーグレイス国立公園に来たかったかというと、一度、野生のワニを見たかったからです。一匹でも見れればラッキーかな、なんて思っていたら、いきなりツアー参加前に、すぐ近くの川で発見。 それも結構な数が・・・ 何匹かは、生きてるの、と思うぐらい動かず日向ぼっこでしょうか。そんなに大きくはありませんが、シャークバレーは、野生動物の宝庫でした。 ここにいるワニは、アリゲーターで、クロコダイルはなかなか見れないらしいです。 アリゲーターは、それほど気性が荒くないらしく、過去、事故が起こったのも十数年前に一度だけ。 ツアーのガイドによると、その時は、家族の中の子どもが、アリゲーターの尻尾を踏みつけたらしく怒ったアリゲーターに噛みつかれ、100針を超える大怪我を負ったといってました。 ガイドも言ってましたが、野生動物をリスペクトする気持ちは大事だと思います。

ここのワニを見てると、とても人間を襲うようには感じませんでした。

本当にちょっと歩くとすぐ見れるのには、驚くました。 中には、赤ちゃんワニも。

鳥も豊富にいます。 名前はわかりませんでしたが、かなり数多くの鳥を見れました。 ちょうど孵化したばかりの赤ちゃんもいましたし、まさに楽園という感じでした。

これでもエバーグレイスのほんの一部の一部。 大きいですね。

今回は、天候に恵まれましたが、フロリダは、雷雨も多いですので、晴れていても、常に、雷雨には注意したほうがよさそうです。

シャークバレーのビジターセンターでは、それほど大きくありませんが、お土産が買えるコーナーもあります。訪れた記念に何か買えるといいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。