プロボウル観戦を楽しむ!

開催に賛否両論あるプロボウル。開催地が変わったり、開催週が変わったり、いろいろありますが、とりあえず2014年はハワイで開催されます。
日本からだとハワイでNFLの試合が見れるのはありがたいところだと思います。
せっかくなので、プロボウルの楽しみ方を取り上げていますが、ここでは、プロボウルの試合をどう見るか、というところにスポットを当てたいと思います。
ようは、どのような座席で観戦するか、チケットをどう買うかです。

まずはアロハ・スタジアムの階層がどうなっているか、というところから。

probowl

アロハ・スタジアムは、こんな感じの階層です。
オレンジ、ブルーが1階席、ブラウンは2階席、レッド、イエローは3階席となります。

あとは、サイドですね。
MAUKAとMAKAIがあります。MAKAI、セクションアルファベットが1つのほうがメインスタンド側になります。
勉強不足で申し訳ないのですが、NFCとAFCがどっちになるかというのは、イマイチどういう決まりがあるかわかりません。
一応、2012年はMAUKAがNFC側でした。どうも2013年もそうだったようです。
となると、基本的には、MAUKAがNFCサイドで、MAKAIがAFC側なのかな、と思いますが。
この辺は、ちょっとネットなどで調べてみてください。

オレンジレベルについて

probowl

オレンジレベルで観戦をする場合は、選手を近くでみることができます。
列にもよりますが、エンドは1万円以下でも取れるカテゴリーになっています。
サイドは50YDに近く、フィールドに近いほど値段が高くなります。
買う時期にもよりますが、サイドの良席は3万円を超えたりしますので、
プロボウルの中では高いエリアとなります。
通常チケットマスターではなかなかオレンジレベルのサイドが2席並び以上で
でることはないので、もしせっかくの観戦などのでできるだけいい座席で、
という場合は、リセールチケットを探すのがベストかもしれません。

ブルーレベルについて

probowl

ブルーレベルは1階席の中段から後方になります。
列にもよりますが、エンドは1万円以下でも取れるカテゴリーになっています。
サイドは50YDに近いほど値段が高くなります。
買う時期にもよりますが、サイドの良席は3万円を超えたりしますので、
プロボウルの中では高いエリアとなります。
通常チケットマスターではなかなかブルーレベルのサイドが2席並び以上で
でることはないので、もしせっかくの観戦などのでできるだけいい座席で、
という場合は、リセールチケットを探すのがベストかもしれません。

ブラウンレベルについて

probowl

ブラウンレベルは2階席となります。
クラブシートになるため、もともとの定価は、オレンジのサイドなどより高くなります。
もともと座席数が少ないため、定価ではほとんどないことが多いです。
そのため、リセールチケットになりそうです。

レッドレベルについて

probowl

レッドレベルは3階席の前5列です。
ここもサイドはなかなかチケットマスターでは買えません。
エンド付近などは、定価で出ることもありますので、観戦する座席にも
よりますが、チケットマスターにこだわらず、リセールチケットも合わせて
購入を考えるといいかもしれません。

イエローレベルについて

probowl

イエローレベルは、3階席の後方のエリアです。
ここはチケットマスターでも買いやすいエリアです。
ただ、オレンジ、ブルーでもエンドゾーンはそんなに高くありません。
もしチケットマスターでイエローしかない場合は、一度、リセールチケットで
どのようなものが取れるか確認後、買うのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。