プロボウル観戦を楽しむ! オレンジレベル

座席を選ぶうえで、いくつかポイントがあると思います。
1つは、日差しを含めた天候の問題。
もし、日差しだけは避けたい(例えば、本人は見る気満々でも同行者が全然興味がなく3時間も日にあたるのは厳しいとか、いろいろ事情はあると思います)などまず座席選びの際に天候による影響が最優先の場合、
サイドとしては、MAKAI側を選ばれれば、基本的には、厳しい日差しを受け取ることはほとんどないと思います。
大体試合が開始されるとこのMAKAIサイドは影になってきます。
オレンジで、日を避けるということであれば、MAKAI側がいいのかなと思います。
ただ、MAKAI側は、メインスタンド側にもなりますので、MAUKAよりもチケット代が高めになっている傾向にあります。
また、MAKAI側でもゴールライン付近は影でカバーされないところがあったり、もし、雨の場合は、オレンジはもろに影響を受けますので、確実に屋根が掛るほうがいい場合は、ブルーレベルなど1階席の後方にされるといいかもしれません。

次は、せっかくの観戦、天候は問題ないという場合です。
この場合は、プロボウルというものがどういうイベントかというところを重視すべきです。

通常、NFLのレギュラーシーズンなどは、1プレー、1プレー、気合いのこもったものが見れます。
もちろん、プレーオフに行けば、レギュラーシーズン以上の緊迫感ですが、レギュラーシーズンでも、最後の最後まで真剣勝負になります。
フィールドを広く使うスポーツですので、NFLのレギュラーシーズンの場合は、フィールドより少し離れた2階席などのほうが、「見やすい」とされます。
もちろんこれは、古いスタジアムも含めた全体をさすことで、最近、新しく建ったスタジアムは、前のほうでも見づらいという座席はありません。
(サンディエゴのクアルコムスタジアムなどは、1階席の前は見づらい座席と指定されています)

その概念で、プロボウルも少し離れた座席のほうがプレーの流れが見やすいということでチケットを探すと、ちょっと違うかもしれません。

ここ最近、プロボウル自体の存在について論議されるように、残念ながら、プロボウルは真剣勝負の場とはかけ離れたものです。
(少なくとも2012年はそうのように感じました。その後、改善され2014年はもっと内容のあるものになると期待したいですが)

プロボウルをポジティブに言えば、スーパースターがそろうお祭りです。
そのため、一番の目的を、選手を近くで見ることだけにするのであれば、これはこれで十分楽しめるものです。

サイドラインの1ケタ台の座席であれば、目の前で、有名なQBがボールを投げたり、話したりしている光景を目にできます。
レギュラーシーズンなどではなかなか見れないような表情をしてくれたり、プレーと違う楽しみは得れると思います。

もし日差しなんか関係ないというぐらいの気合いの入った意気込みでプロボウル観戦をプランニングしているのであれば、近くで選手を観るという座席を選べば、楽しい観戦をしてもらえるのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。