ニューヨーク・ヤンキース スプリングトレーニング

スプリングトレーニングを見に行く場合、2月中旬から下旬の練習だけを見に行く期間、2月下旬から3月下旬の試合と練習を見に行く期間に分かれます。

今回は、練習だけを見る2月中旬から下旬のほうをご紹介します。

サインがもらいやすいスプリングトレーニングでも、スター選手からもらいやすいのは、この練習期間と言われます。一つは、毎日、練習場で練習してますので、行けば行くほど確率が上がります。
試合の期間に入るとホームだけでなく、アウェイもありますので、毎日というわけにはいかないのです。

フロリダとアリゾナでは、スプリングトレーニングのやり方も少し違うのかも知れません。
また、その年によりやり方が変わる可能性もありますが、ヤンキースの場合は、2月中旬から下旬の試合のない期間でもスタジアムをオープンし、スタジアムで練習をやる選手、練習場でトレーニングをやる選手とに分かれていました。

どこに誰がいるかは、実際行ってみてからなので、やはり長めに滞在できるとその分、情報も入ると思います。

今回のケースでは、開門が、9時45分前後でした。
事前に球場にいた知人が、朝8時から並んでくれたおかげで、開門と同時にダッシュし、一塁側のベンチ横の最前列をゲット。

ここがサインをもらえる一番のポイントのようです。

ヤンキースの選手がグランドに姿を現したのは、11時ごろでした。

今回は、松井秀喜さんもコーチとして、キャンプに参加していたため、イチロー選手、松井さんのツーショットを間近で観れる幸運に恵まれました。

2人で話をしている姿は、なんというか、いいものを見た、という感じですね。

練習だけの期間は、無料ですので、サインをもらったりするのが一番の目的の場合は、十分、お勧めできます。

この日は、ベストポジションでしたが、スター選手はサインせず。

筆者は、球場の座席から見え方の写真を撮るために、12時過ぎた頃に座席を立ち、すべて撮り終わった後、他の練習場を回っていたところ、知人は、その間に松井コーチからサインをもらったと電話がありました。

チームストアもオープンしており、早速、田中投手のユニフォームが売られていました。
後は、Tシャツでもと思いましたが、この時点であったのは、漢字で田中と入ったものだけ。
しかも値段が50ドル近くするものでした。
他にもお土産になりそうなものはあったので少し見てください。

球場の外には、ヤシの木があり、スタインブレナーの銅像も建っています。ヤンキースの欠番もありますので、いい記念撮影のスポットになりそうですね。

注意したいのは、雨です。

2月でも温暖なフロリダは、雷雨もあります。雨が降ると選手は、練習しませんので、こればかりはしょうがないです。

雨も想定した旅程を作ることでより目的を達成しやすい旅になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。