ヤンキー・スタジアムの座席

ブリーチャー

メジャーリーグ観戦でよく耳にするブリーチャーは、基本的には、外野席のことです。一般的には各球場ともこのブリーチャー席を定価の最安値に設定する傾向にあります。まず、メリットをいくつか挙げると、やはり安いという点になると思います。次は、安い割にフィールドに近いというところでしょうか。
もし、お探しのイベントが開幕戦やレッドソックス戦など全体的な価格が高いカードを観る場合、安く収めるための座席としてはオプションになると思います。
ただ、価格では見えないデメリットもあります。フィールドの一部が見えない座席は、ここではあげませんが、まず、観戦される時期の天候が不安定な傾向にある場合、天候の影響はもろに受ける座席になります。後は、真夏のデーゲームは、焼かれるような暑さを感じられる可能性もあります。
もし、ハネムーンなどで、ご観戦を考えられていて、嫁さんは野球に全く興味がないから、安いブリーチャーでという場合は、この座席の選択は踏みとどまるほうがいいかもしれません。
仲間数人、全員野球大好き!というのであればいいと思いますが、野外での観戦ですから、自分達に合う座席選びを心がけてください。
それこそ、チケット買うときは安くすんだが、一日観戦してたら熱中症になって旅を棒に振ったでは、あまりにももったいないですから。

概略について

外野席エリアのこと。ROW(列)は1から始まり20または24まで。
席の形態 一席一席の独立でなく、一枚板(ベンチ)に座席番号がある形。
サービス 特になし。

飲食について

食事、アルコール以外の飲み物は自分の席でもOKですが、アルコールだけはダメです(2009年の際はそうだったのですが、最近は二杯ぐらいまで飲めるようになったようです)ブリーチャーズ・カフェでならアルコール飲料も飲むことが出きます。

屋根について

屋根は掛からないので、悪天候の場合は、雨で濡れたりします。
その他 見づらい席があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。