USオープン 対戦カードの決定

誰がどの日程でやるかというのは、イベントの前日にならないと分かりません。
そのため、日程の浅い日は、結構、当日券が混みます。
フェデラー登場の2日目のイブニングなんて、まさに大行列。
当日券で残っているのは、250ドルから390ドルクラスのコートサイドの席の傾向があり、
さすがにこのクラスになると、サクサクとは買えない人が多く、かなり迷って(同行者と相談して)買うか、買わないか決めるので、列の進みも遅いです。

大体の選手は、1日目、2日目で出る感じです(細かく調べてなくてすみません)ので、日本から行く場合で必ず見たい選手がいる場合は、デー1のデイセッションとイブニング、デー2のデイセッションとイブニングのアーサー・アッシュのチケットを取っておけば、ほとんどの選手が見れると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。